目次
このページのトップ
スタッフ
研究テーマ, 研究内容
研究活動
リンク
三重大学 Web サイト
工学研究科 Web サイト
機械工学専攻 Web サイト

国際学会 ICJWSF (Toba)
国際学会 ICJWSF2 (Berlin)
国際学会 ICJWSF3 (Cincinnati)

流動現象学研究室 Web サイト

三重大学大学院工学研究科機械工学専攻
環境エネルギー講座
流動現象学研究室
tel: 059-231-9766, 9693, 9384
url: http://www.ees.mach.mie-u.ac.jp/

スタッフ

教授 辻本公一 (Tsujimoto Koichi)
大阪大学大学院工学研究科修士課程 (機械工学専攻) 修了
工学博士 (大阪大学)
専門: 流体工学, 特に, 数値解析による流動現象の解明とその制御, など
t
准教授 安藤俊剛 (Ando Toshitake)
三重大学大学院工学研究科修士課程 (機械工学専攻) 修了
工学博士 (三重大学)
専門: 流体工学, 特に, 剥離流れの制御と抵抗低減, など.
a
名誉教授
特任教授
社河内敏彦 (Shakouchi Toshihiko)
愛媛大学大学院工学研究科修士課程 (機械工学専攻) 修了
工学博士 (名古屋大学)
Erlangen Unversity (Germany), Guest researcher (1992-1993)
専門: 流体工学, 特に, 各種噴流現象 (混相流を含む), 後流, せん断流の挙動と制御, など.
s

工学研究科教員紹介のページ

在籍学生数

現在の研究テーマ, 研究内容

キーワード

流体熱工学, 環境流動現象学, 混相流動学, 乱流せん断流, 流動・伝熱制御, 実験・数値シミュレーション

研究テーマ

流体・熱力学,環境流動現象学,混相流力学,乱流せん断流力学,計測・ 制御工学などを基礎に,主に,流体・熱工学,環境エネルギー問題に関連した 事象を研究している. 主な研究テーマは以下のようで, 理論的, 実験的解析及び DNS や乱流モデルに よる数値シミュレーションにより問題の解決を図っている.

(1) 流動, 伝熱及びその制御 (乱流せん断流, 噴流)

(a) 衝突噴流の流動・伝熱特性及びその制御 (b) 特殊ノズルからの噴流 (流動と制御)
(c) 急縮小・拡大管内の流動と制御, 抵抗低減 (d) ジェットポンプの性能向上に関する研究

(2) 乱流現象の解明とモデリング

(e) DNS による浮力乱流場の構造と伝熱制御 (f) 乱流混合の定量化
(g) HPF-LES による複雑場シミュレーション (h) 気泡群と乱流の干渉

(3) 高効率乱流制御手法の開発

(i) 衝突噴流の能動制御 (j) 複合噴流の能動制御
(k) DNS を用いた能動的伝熱制御 (l) 非円形噴流による噴流混合制御

(4) 高効率乱流制御手法の開発

(m) 沸騰現象の高精度数値シミュレーション (n) 液滴の微粒化に関する流動制御
(o) 高精度樹脂成型シミュレーション

(5) マルチフィジクスの予測と制御

(p) 柔軟構造物による流れ制御 (q) 高精度流体-構造連成問題解析
(r) 散逸粒子動力学法による複雑流動場解析

(6) マルチフィジクスの予測と制御

(s) 流体の発振現象による混合・拡散の促進 (t) 気液二相流中におけるカルマン渦列の挙動

(7) 混相流 (固気二相流, 噴流, 粉砕, 分級)

(u) 固気二相衝突噴流 (粉砕, マイクロブラスト加工, コールドスプレー)
(v) 微粉粒子の気流分級, 表面改質 (微粉粒子の球形化)

(8) 混相流 (気液二相流, 噴流, 環境浄化, 水処理)

(w) 気泡噴流の流動解析と制御 (マイクロバブルによるエアレーション)
(x) キャビテーション, マイクロバブル気泡噴流の流動解析と応用 (中水・下水・バラスト水などの処理)

研究活動

学術論文

著書

原著論文

2008 年度
(1) “Drag Reduction of Pipe Inlet Flow” Toshitake ANDO, Toshihiko SHAKOUCHI, Hiroyuki YAMAMOTO and Koichi TSUJIMOTO, Journal of Japan Society of Experimental Mechanics, Vol. 8, pp. 61-65 (2008-4)
(2) “Heat Transfer Enhancement of Round Impinging Jet by Orifice Nozzle (Effects of Contraction Area Ratio)” Mizuki KITO, Toshihiko SHAKOUCHI, Tatsuji SAKAMOTO, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO, Heat transfer-Asian Research, Vol. 37-8, pp. 445-459 (2008-8)
(3) “円すいオリフィス自由, および衝突噴流の流動・伝熱特性 (円すい角の影響)” 鬼頭みずき, 社河内敏彦, 辻本公一, 安藤俊剛, 日本機械学会論文集, 73 巻 743 号 B, pp. 1593-1599 (2008 年 7 月)
(4) “オリフィス自由噴流のノズル板厚さによる流動制御” 鬼頭みずき, 社河内敏彦, Chayut NUNTADUST, 辻本公一, 安藤俊剛, 日本機械学会論文集, 73 巻 745 号 B, pp. 1935-1941 (2008 年 9 月)
(5) “Fluctuating Phenomena and Flow Control of Bubbly Two-Phase Flow Through Sudden Expansion Pipe” Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO, Journal of Fluid Science and Technology, Vol. 4, No. 1, pp. 84-94 (2009-1)
(6) “Flow Control of Jet Flow by Passive Nozzle Configuration Changes” Toshihiko SHAKOUCHI, Mizuki KITO, Tatsuji SAKAMOTO, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO, Internatinal Journal of Flow Control, Vol. 1, No. 1, pp. 73-85 (2009-3)
(7) “Flow Visualization and Characteristics of Vertical Gas-Liquid Bubbly Flow Around a Rectangular Cylinder (Bubble Size Effect)” Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO, Journal of Physics, Vol. 147, CD-ROM (2009-3)
(8) “壁面近傍に置かれた接線方向吹出し円柱周りの流れ (第 2 報, 非定常特性に関する考察)” 岡安晋平, 佐藤光太郎, 社河内敏彦, 古屋興二, 日本機械学会論文集, 74 巻 744 号 B, pp. 1725-1734 (2008 年 8 月)
(9) “接線方向吹出しを利用した高揚力装置に及ぼす地面効果および 天井効果の影響” 岡安晋平, 荒川洋介, 佐藤光太郎, 社河内敏彦, 古屋興二, 日本航空宇宙学会論文集, 56 巻 656 号, pp. 425-432 (2008 年 9 月)
2007 年度
(1) “Studies on Mixing and Performance Improvement of Jet Pump —Effects of Nozzle and Throat Shapes—” Yukitaka Yamazaki, Atsushi Yamazaki, Tadashi Narabayashi, Junya Suzuki and Toshihiko Shakouchi, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.2, No.2, pp.238-247 (2007)
(2) “Drag Reduction of Abrupt Expansion Pipe Flow” Toshitake Ando, Toshihiko Shakouchi and Koichi Tsujimoto, Journal of Japan Society of Experimental Mechanics, Vol.7, pp.44-49 (2007)
(3) “壁面近傍に置かれた接線方向吹き出し円柱周りの流れ (第 1 報, 流体力に関する考察)” 岡安晋平, 佐藤光太郎, 社河内敏彦, 古屋興二, 日本機械学会論文集, 73 巻 733 号 B, pp.1790-1797 (2007 年 9 月)
(4) “制御噴流の DNS による混合指標に関する検討” 辻本公一, 狩谷修次, 社河内敏彦, 安藤俊剛, 日本機械学会論文集, 74 巻 737 号 B, pp.34-41 (2008 年 1 月)
(5) “オリフィス自由噴流の流動解析” 社河内敏彦, 鬼頭みずき, 坂本達治, 辻本公一, 安藤俊剛, 日本機械学会論文集, 74 巻 737 号 B, pp.42-48 (2008 年 1 月)
(6) “オリフィス衝突噴流の流動・伝熱特性” 鬼頭みずき, 社河内敏彦, 坂本達治, 辻本公一, 安藤俊剛, 日本機械学会論文集, 74 巻 739 号 B, pp.670-677 (2008 年 3 月)
2006 年度
(1) “急拡大円管内のはく離流れの制御および 流動抵抗低減に関する研究” 安藤俊剛, 社河内敏彦, 山本寛之, 辻本公一
日本機械学会論文集, 72 巻 717 号 B, pp.1125-1130 (2006 年 5 月)
(2) “鉛直急縮小管内を流れる気液二相振動流に関する研究” Alexandros Voutsinas, 社河内敏彦, 辻本公一, 安藤俊剛
日本機械学会論文集, 72 巻 717 号 B, pp.1131-1136 (2006 年 5 月)
(3) “鉛直急縮小管内を流れる気液二相流の挙動とその制御, 抵抗低減に関する研究” Alexandros Voutsinas, 社河内敏彦, 辻本公一, 安藤俊剛
日本機械学会論文集, 72 巻 720 号 B, pp.1888-1894 (2006 年 8 月)
(4) “ジェットポンプの性能に及ぼすスロート内表面粗さの影響” 山崎之崇, 中山智理, 奈良林直, 小林秀壽, 社河内敏彦
日本機械学会論文集, 72 巻 720 号 B, pp.1895-1900 (2006 年 8 月)
(5) “マイクロブラスト加工における固気二相噴流の挙動と加工特性”
砥粒加工学会誌, 51 巻 1 号, pp.46-51 (2007 年 1 月)
(6) “Flow Characteristics and Control of Vertical Upward Gas-Liquid Two-Phase Flow through a Sudden Contraction Pipe” Alexandros Voutsinas, Toshihiko Shakouchi, Junichi Takamura, Koichi Tsujimoto and Toshitake Ando
JSME International Journal, Ser.B, Vol.49, No.4, pp.1000-1007 (2006/11)
(7) “Effect of Surface Roughness on Jet Pump Performance” Yukitaka Yamazaki, Tomonori Nakayama, Tadashi Narabayashi, Hidetoshi Kobayashi and Toshihiko Shakouchi
JSME International Journal, Ser.B, Vol.49, No.4, pp.928-932 (2006/11)
(8) “Globular formation of fine particle using a new high temperature air-jet-flow system” Hirokazu Nakamura and Toshihiko Shakouchi
Journal of Powder Technology, No.166, pp.14-23 (2006), Elsevier
(9) “Direct Numerical Simulation of Jet Mixing Control Using Combined Jets” Koichi Tsujimoto, Toshihiko Shakouchi, Shuji Sasazaki and Tositake Ando
JSME International Journal, Ser.B, Vol.49, No.4, pp.966-973 (2006/11)
(10) “Flow Analysis for Single and Multi-Nozzle Jet Pump” Tadashi Narabayashi, Yukitaka Yamazaki, Hidetoshi Kobayashi and Toshihiko Shakouchi
JSME International Journal, Ser.B, Vol.49, No.4, pp.933-940 (2006/11)
(11) “Gas-Particle Two-Phase Jet Flow from Slot Nozzle and Micro-Blasting Process” Masaki Sugimoto, Toshihiko Shakouchi, Kohei Hayakawa and Moriyasu Izawa
JSME International Journal, Ser.B, Vol49, No.3, pp.705-713 (2006/8)
(12) “DNS による鉛直平板間の自然対流における乱流構造の解析” 辻本公一, 大矢直弘, 社河内敏彦, 安藤俊剛
日本機械学会論文集, 72 巻 719 号 B, pp.1666-1673 (2006 年 7 月)
(13) “マイクロバブル気泡噴流の流動とエアレーション特性” 社河内敏彦, 松本正, 西尾昌洋, 辻本公一, 安藤俊剛
日本混相流学会論文精選集 (混相流研究の進展 II), pp.33-38 (2007 年 3 月)
(14) “噴射加工用ノズルからの固気二相噴流の挙動” 杉本真樹, 社河内敏彦, 伊澤守康
日本混相流学会論文精選集 (混相流研究の進展 II), pp.77-83 (2007 年 3 月)

総説, 解説等

2008 年度
(1) “粉砕微粉粒子の高温空気噴流による球形化” 社河内敏彦
混相流 (日本混相流学会) 23 巻 1 号, pp. 3-11 (2009 年 3 月)
2007 年度
2006 年度
(1) 解説: “噴流現象の制御と先端的応用技術” 社河内敏彦
機械の研究, 養賢堂, 58 巻 10 号, pp.1023-1030 (2006 年 10 月)
(2) 解説: “噴流現象の基礎と最新応用技術” 社河内敏彦
日本機械学会誌, 110 巻 1059 号, pp.128-130 (2007 年 2 月)
(3) 解説: “直接シミュレーションによる噴流の構造と制御” 辻本公一
日本機械学会誌, 110 巻 1059 号, pp.117-119 (2007 年 2 月)

国際会議の Proceedings

2008 年度
(1) “Effects of side walls on pipe inlet flow (drag reduction by separated flow control)” Toshitake ANDO, Toshihiko SHAKOUCHI, Hiroyuki YAMAMOTO and Koichi TSUJIMOTO
Proc. of The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(2) “Experimental analysis of orifice free jet” Toshihiko SHAKOUCHI, Mizuki KITO, Tatsuji SAKAMOTO, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
Proc. 2nd The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(3) “Direct numerical simulation of active-controlled impinging jets” Koichi TSUJIMOTO, Taiga ISHIKURA, Toshihiko SHAKOUCHI and Toshitake ANDO
Proc. 2nd The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(4) “Bubble size effect on gas-liquid two-phase flow through an upward sudden expansion pipe” Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Takayuki SUZUKI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
Proc. 2nd The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(5) “Bubble size effect on vertical gas-liquid two-phase separated flow past an obstacle” Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Takayuki SUZUKI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
Proc. 2nd The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(6) “Heat transfer enhancement of orifice impinging jet” Mizuki KITO, Toshihiko SHAKOUCHI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
Proc. 2nd The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(7) “Jet and Wake Flow Control and Their Practical Application” Toshihiko SHAKOUCHI
Proc. 2nd The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM (2008/9), Germany
(8) “Flow Visualization and Characteristics of Vertical Gas-Liquid Bubbly Flow Around a Rectangular Cylinder (Bubble Size Effect)” Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
Proc. of The 6th International Symposium on Measurement Techniques for Multiphase Flows (2008/12), Japan
(9) “Heat Transfer Enhancement and Flow Resistance Reduction of Orifice Impinging Jet”
Proc. of The 3rd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, ISEM-2008 (2008/12), Taiwan
2007 年度
(1) “Flow Analysis of Single- and Two-Phase Jet and Wake Flows by Flow Visualization” —invited paper— Toshihiko Shakouchi
Proc. of The 6th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing, pp.9-17 (2007/5), United States
(2) “Flow Analysis of Micro Bubble Jet Flow by Flow Visualization” Toshihiko Shakouchi, Tadashi Matsumoto, Masahiro Nishio, Michiyuki Uchiyama, Koichi Tsujimoto and Toshitake Ando
Proc. of The 6th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing, pp.158-162 (2007/5), United States
(3) “Study on Jet Mixing Rate Based on Controlled Jets” Koichi Tsujimoto, Shuji Kariya, Toshihiko Shakouchi and Toshitake Ando
Advances in Turbulence XI: Proceedings of the 11th EUROMECH European Turbulence Conference, pp.447-449 (2007/6), Portugal
(4) “Evaluation of Jet Mixing Rate Based on DNS Data of Controlled Jets” Koichi Tsujimoto, Shuji Kariya, Toshihiko Shakouchi and Toshitake Ando
Proc. of 5th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena, pp.905-910 (2007/8), Germany
(5) “Improvement of Performance of Fin-Tube Type Heat Exchanger by Visualized Flow Pattern" —invited paper— Toshihiko Shakouchi, Hirokazu Ogawa, Noriaki Satake, Koichi Tsujimoto and Toshitake Ando
Proc. of The 9th Asian Symposium on Visualization, CD-ROM,6 pages (2007/6), Hong Kong
(6) “Drag Reduction of Pipe Inlet Flow” Toshitake Ando, Toshihiko Shakouchi, Hiroyuki Yamamoto and Koichi Tsujimoto
Proc. of The 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, CD-ROM,5 pages (2007/9), Osaka
(7) “Influence of a Plane boundary on Flow around a Circular Cylinder with Tangential Blowing from a Surface Slot” Shinpei Okayasu, Kotaro Sato, Toshihiko Shakouchi and Okitsugu Furuya
Proc. of The 9th International Conference on Fluid Control, Measurements and Visualization, CD-ROM, 10 pages (2007/9), United States
2006 年度
(1) “Drag Reduction of Abrupt Expansion Pipe Flow” T. Ando, T. Shakouchi, H. Yamamoto and K. Tsujimoto
Proc. of Int. Symp. on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, CD-ROM (2006-9), Sapporo
(2) “Analysis of turbulent structures of natural convection in a vertical channel by using DNS” Koichi Tsujimoto, Naohiro Ohya, Toshihiko Shakouchi, and Toshitake Ando
Proc. of Fifth Int. Sym. on Turbulence, Heat and Mass Transfer, CD-ROM (2006-10), Croatia

口頭発表

国際会議

2008 年度
(1) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Effects of side walls on pipe inlet flow (drag reduction by separated flow control)”
Toshitake ANDO, Toshihiko Shakouchi, Hiroyuki YAMAMOTO and Koichi Tsujimoto
(2) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Experimental analysis of orifice free jet”
Toshihiko SHAKOUCHI, Mizuki KITO, Tatsuji SAKAMOTO, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
(3) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Direct numerical simulation of active-controlled impinging jets”
Koichi TSUJIMOTO, Taiga ISHIKURA, Toshihiko SHAKOUCHI and Toshitake ANDO
(4) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Bubble size effect on gas-liquid two-phase flow through an upward sudden expansion pipe”
Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Takayuki SUZUKI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
(5) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Bubble size effect on vertical gas-liquid two-phase separated flow past an obstacle”
Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Takayuki SUZUKI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
(6) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Heat transfer enhancement of orifice impinging jet”
Mizuki KITO, Toshuhiko SHAKOUCHI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
(7) The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, (2008/9), Berlin, Germany, “Jet and Wake Flow Control and Their Practical Application”
Toshuhiko SHAKOUCHI
(8) The 6th International Symposium on Measurement Techniques for Multiphase Flows, (2008/12) Naha, Japan, “Flow Visualization and Characteristics of Vertical Gas-Liquid Bubbly Flow Around a Rectangular Cylinder (Bubble Size Effect) ”
Alexandros VOUTSINAS, Toshihiko SHAKOUCHI, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
(9) The 3rd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, ISEM2008, (2008/9) Tainan, Taiwan, “Heat Transfer Enhancement and Flow Resistance Reduction of Orifice Impinging Jet”
Mizuki KITO, Toshihiko SHAKOUCHI, Chayut NUNTADUST, Koichi TSUJIMOTO and Toshitake ANDO
2007 年度
(1) The 6th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing, (2007/5), Hawaii, United States, invited recture “Flow Analysis of Single- and Two-Phase Jet and Wake Flows by Flow Visualization”
Toshihiko Shakouchi
(2) The 6th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing, (2007/5), Hawaii, United States “Flow Analysis of Micro Bubble Jet Flow by Flow Visualization”
Toshihiko Shakouchi, Tadashi Matsumoto, Masahiro Nishio, Michiyuki Uchiyama, Koichi Tsujimoto and Toshitake Ando
(3) The 11th EUROMECH European Turbulence Conference, (2007/6), Porto, Portugal “Study on Jet Mixing Rate Based on Controlled Jets”
Koichi Tsujimoto, Shuji Kariya, Toshihiko Shakouchi and Toshitake Ando
(4) The 5th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena, (2007/8), Munich, Germany “Evaluation of Jet Mixing Rate Based on DNS Data of Controlled Jets”
Koichi Tsujimoto, Shuji Kariya, Toshihiko Shakouchi and Toshitake Ando
(5) The 9th Asian Symposium on Visualization, (2007/6), Hong Kong, China, invited recture, “Improvement of Performance of Fin-Tube Type Heat Exchanger by Visualized Flow Pattern"
Toshihiko Shakouchi, Hirokazu Ogawa, Noriaki Satake, Koichi Tsujimoto and Toshitake Ando
(6) The 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, (2007/9), Osaka, Japan, “Drag Reduction of Pipe Inlet Flow”
Toshitake Ando, Toshihiko Shakouchi, Hiroyuki Yamamoto and Koichi Tsujimoto
(7) The 9th International Conference on Fluid Control, Measurements and Visualization, (2007/9), Florida, United States, “Influence of a Plane boundary on Flow around a Circular Cylinder with Tangential Blowing from a Surface Slot”
Shinpei Okayasu, Kotaro Sato, Toshihiko Shakouchi and Okitsugu Furuya
2006 年度
(1) International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, (2006-8), Sapporo-shi, Japan “Drag Reduction of Abrupt Expansion Pipe Flow”
Toshitake Ando, Toshihiko Shakouchi, Hiroyuki Yamamoto and Koichi Tsujimoto
(2) Fifth International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, (2006-10), Dubrovnik, Croatia “Analysis of turbulent structures of natural convection in a vertical channel by using DNS”
Koichi Tsujimoto, Naohiro Ohya, Toshihiko Shakouchi and Toshitake Ando

国内会議

2008 年度
(1) 日本機械学会 2008 年度年次大会 (2008 年 8 月 3 日 — 7 日) 神奈川県・横浜市 “オリフィス自由噴流の流動に及ぼすオリフィス板厚さの影響”
鬼頭みずき, 社河内敏彦, 森江厚志, NUNTADUSIT Chayut, 辻本公一, 安藤俊剛
(2) 日本機械学会 2008 年度年次大会 (2008 年 8 月 3 日 — 7 日) 神奈川県・横浜市 “Snapshot POD 法による噴流の構造解析”
辻本公一, 藤井秀崇, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(3) 日本機械学会 2008 年度年次大会 (2008 年 8 月 3 日 — 7 日) 神奈川県・横浜市 “円錐オリフィス噴流の流動・伝熱制御”
鬼頭みずき, 社河内敏彦, 辻本公一, 安藤俊剛
(4) 日本機械学会 2008 年度年次大会 (2008 年 8 月 3 日 — 7 日) 神奈川県・横浜市 “DNS による衝突噴流の構造解析”
辻本公一, 位田貴彦, 石倉大雅, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(5) 日本機械学会 2008 年度年次大会 (2008 年 8 月 3 日 — 7 日) 神奈川県・横浜市 “時間発展型の液体噴流の数値シミュレーション”
辻本公一, 和田朋智毅, 長岡諒, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(6) 日本機械学会 2008 年度年次大会 (2008 年 8 月 3 日 — 7 日) 神奈川県・横浜市 “微粉粒子の高温空気噴流による球形化 ”
社河内敏彦
(7) 日本混相流学会年会講演会 2008 (2008 年 8 月 8 日 — 10 日) 会津大学・会津市 “角柱を通過する気液二相流に関する研究 (気泡径の影響)”
社河内敏彦, Voutsinas Alexandros, 辻本公一, 安藤俊剛
(8) 日本混相流学会年会講演会 2008 (2008 年 8 月 8 日 — 10 日) 会津大学・会津市 “鉛直急拡大管内気液二相流に対する気泡径の影響”
Voutsinas Alexandros, 社河内敏彦, 辻本公一, 安藤俊剛
(9) 第 22 回数値流体力学シンポジウム (2008 年 12 月 17 日 — 19 日) 東京都・千代田区 “Cahn-Hilliard 方程式を用いた相変化を伴う気液二相流の 数値シミュレーション”
辻本公一, 上林勇樹, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(10) 第 22 回数値流体力学シンポジウム (2008 年 12 月 17 日 — 19 日) 東京都・千代田区 “液体噴流の時間発展型数値シミュレーション”
辻本公一, 和田朋智毅, 長岡諒, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(11) 第 22 回数値流体力学シンポジウム (2008 年 12 月 17 日 — 19 日) 東京都・千代田区 “柔軟構造体の連成解析に関する数値スキームの開発”
辻本公一, 鬼頭明生, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(12) 日本機械学会東海支部第 58 期総会講演会 (2009 年 3 月 17 日 — 18 日) 岐阜大学・岐阜市 “Cahn-Hilliard 方程式を用いた気液相変化数値 シミュレーション”
辻本公一, 上林勇樹, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(13) 日本機械学会東海支部第 58 期総会講演会 (2009 年 3 月 17 日 — 18 日) 岐阜大学・岐阜市 “噴流解析手法としての Snapshot POD 法の検討”
辻本公一, 藤井秀崇, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(14) 日本機械学会東海支部第 58 期総会講演会 (2009 年 3 月 17 日 — 18 日) 岐阜大学・岐阜市 “オリフィス噴流の混合・拡散特性と制御 (オリフィス厚さの影響)”
社河内敏彦, 森江厚志, 鬼頭みずき, 津田真彰, 辻本公一, 安藤俊剛
(15) 日本機械学会東海支部第 58 期総会講演会 (2009 年 3 月 17 日 — 18 日) 岐阜大学・岐阜市 “微粉粒子のコアンダ式気流分級に対する予旋回の影響”
社河内敏彦, 川崎洋輔, 大谷康崇, 辻本公一, 安藤俊剛
2007 年度
(1) 日本混相流学会年会講演会 2007, (2007 年 6 月 22 日 — 24 日) 札幌コンベンションセンター・札幌 “急拡大管を流れる気液二相流の振動現象 (ステップリングによる流動制御)”
Alexandros Voutsinas, 社河内敏彦, 上林勇樹, 辻本公一, 安藤俊剛
(2) 日本流体力学会年会 2007 (2007 年 8 月 6 — 8 日) 東京大学・東京 “DNSによる衝突噴流の能動制御”
辻本公一, 石倉大雅, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(3) 可視化情報全国講演会 (岐阜 2007), (2007 年 9 月 26, 27 日) 岐阜大学・岐阜 “マイクロバブル気泡噴流の流動特性”
社河内敏彦, 内山道之, 西尾昌洋, 辻本公一, 安藤俊剛
(4) 可視化情報全国講演会 (岐阜 2007), (2007 年 9 月 26, 27日) 岐阜大学・岐阜 “ DNS による衝突噴流の混合状態の可視化”
辻本公一, 石倉大雅, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(5) 可視化情報全国講演会 (岐阜 2007), (2007 年 9 月 26, 27日) 岐阜大学・岐阜 “オリフィス噴流の流動とノズルの絞り面積比に関する研究”
鬼頭みずき, 社河内敏彦, 森江厚志, 辻本公一, 安藤俊剛
(6) 日本機械学会第 85 期流体工学部門講演会, (2007 年 11 月 17, 18日) 広島大学・東広島 “壁面近傍におかれた接線方向吹き出し円柱の後流振動特性”
岡安晋平, 荒川洋介, 佐藤光太郎, 社河内敏彦, 古屋興二
(7) 日本機械学会第 85 期流体工学部門講演会, (2007 年 11 月 17, 18日) 広島大学・東広島 “不等間隔配列管群を通過する気液二相流に関する研究”
社河内敏彦, 清水拓也, Alexsandros Voutsinas, 辻本公一, 安藤俊剛
(8) 日本機械学会第 85 期流体工学部門講演会, (2007 年 11 月 17, 18日) 広島大学・東広島 “IB 法と Cahn-Hilliard 法による非ニュートン流体の数値シミュレーション”
辻本公一, 大門伸輝, 社河内敏彦, 安藤 俊剛
(9) 日本機械学会第 85 期流体工学部門講演会, (2007 年 11 月 17, 18日) 広島大学・東広島 “DNS を用いた複合噴流の能動制御”
辻本公一, 藤井秀崇, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(10) 日本機械学会第 20 回計算力学講演会 (2008 年 11 月 26 — 28日) 同志社大学・田辺 “時間発展型の平面液体噴流の数値シミュレーション”
辻本公一, 長岡諒, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(11) 第 21 回数値流体力学シンポジウム (2007 年 12 月 19 — 21日) 秋葉原コンベンションホール・東京 “DNS により能動制御された衝突噴流の構造解析”
辻本公一, 石倉大雅, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(12) 第 21 回数値流体力学シンポジウム (2007 年 12 月 19 — 21日) 秋葉原コンベンションホール・東京 “IB 法と Cahn-Hilliard 法による流れの数値シミュレーション”
辻本公一, 大門伸輝 社河内敏彦, 安藤俊剛
(13) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “ジェットポンプの性能に及ぼすスロート形状の影響”
社河内敏彦, 坂倉健二, 熊野秀樹, 原哲也
(14) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “マイクロバブル気泡塔に関する研究”
社河内敏彦. 内山道之, 行方宏, 辻本公一, 安藤俊剛
(15) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “フィンチューブ形熱交換器に関する研究 (フィン形状の影響)”
社河内敏彦, 佐竹規彰, 井森裕人, 須崎一郎, 辻本公一, 安藤俊剛
(16) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “不等間隔配列管群を通過する気液二相流の流動・伝熱特性”
社河内敏彦, 清水拓也, Alexandros Voutsinas, 堀恵治, 辻本公一, 安藤俊剛
(17) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “IB 法と Cahn-Hilliard 法による数値計算手法の開発”
辻本公一, 大門伸輝, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(18) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “HPF モデルによる剥離せん断流れの LES”
辻本公一, 清田陽介, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(19) 日本機械学会東海支部第 57 期総会講演会, (2008 年 3 月 7, 8日) 名古屋大学・名古屋 “Cahn-Hilliard 法を用いた沸騰現象の数値シミュレーション”
辻本公一, 上林勇樹, 大門伸輝, 社河内敏彦, 安藤俊剛
2006 年度
(1) 日本混相流学会年会講演会 2006,(2006 年 8 月 4 — 6 日), 金沢工業大学・石川 “マイクロバブル噴流の流動とエアレーション特性”
社河内敏彦, 西尾昌洋, 辻本公一, 安藤俊剛
(2) 日本混相流学会年会講演会 2006,(2006 年 8 月 4 — 6 日), 金沢工業大学・石川 “噴射加工用ノズルからの固気二相噴流の挙動”
杉本真樹, 社河内敏彦, 伊澤守康
(4) 日本機械学会流体工学部門講演会, (2006 年 10 月 28 — 29 日), 東洋大学・川越 “急拡大管内を流れる気液二相流の振動現象とその制御”
Voutsinas Alexandros, 社河内敏彦, 辻本公一, 安藤俊剛
(5) 日本流体力学会年会 2006, (2006 年 9 月 15 — 17 日), 九州大学・福岡 “DNS による噴流混合指標に関する研究”
辻本公一, 狩谷修次, 社河内敏彦, 安藤 俊剛
(6) 日本機械学会流体工学部門講演会, (2006 年 10 月 28 — 29 日), 東洋大学・川越 “DNS を用いた複合噴流の混合特性に関する研究”
辻本公一, 狩谷修次, 社河内敏彦, 安藤 俊剛
(7) 日本機械学会第 19 回計算力学講演会, (2006 年 11 月 3 — 5 日), 名古屋大学・名古屋 “Cahn-Hilliard 法を用いた相変化の数値シミュレーション”
辻本公一, 水谷祐貴, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(8) 第 20 回数値流体力学シンポジウム, (2006 年 11 月 3 — 5 日), 名古屋大学・名古屋 “Cahn-Hilliard 法を用いた沸騰・凝縮の数値シミュレーション”
辻本公一, 水谷祐貴, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(9) 第 20 回数値流体力学シンポジウム,(2006 年 11 月 3 — 5 日), 名古屋大学・名古屋 “衝突噴流の DNS”
辻本公一, 石倉大雅, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(10) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “マイクロバブル, キャビテーション気泡噴流に関する研究”
社河内敏彦, 西尾昌洋, 内山道之, 辻本公一, 安藤俊剛
(11) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 日 — 11 日), 静岡大学・浜松 “廃コンクリートの再資源化 — CO2 マイクロバブル噴流の応用—”
社河内敏彦, 高村純一, 松本正, 長末秀樹, 辻本公一, 安藤俊剛
(12) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “微粉粒子を含む固気二相コアンダ噴流の流動と制御”
社河内敏彦, 岡崎元紀, 杉本真樹, 川崎洋輔, 辻本公一, 安藤俊剛
(13) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “オリフィス自由および衝突噴流の流動・伝熱特性 (絞り比の影響)”
坂本達治, 鬼頭みずき, 社河内敏彦, 森江厚志, 辻本公一, 安藤俊剛
(14) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “円形平行噴流についての DNS”
辻本公一, 藤井秀崇 , 刈谷修次, 社河内敏彦, 安藤俊剛
(15) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “管路入口のはく離流れの制御と流動抵抗の低減”
山本寛之, 安藤俊剛, 社河内敏彦, 辻本公一
(16) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “Immersed Boundary 法による柔軟構造物の流体構造連成解析”
辻本公一, 金城大介, 社河内敏彦, 安藤俊剛"
(17) 日本機械学会東海支部第 56 期総会講演会, (2007 年 3 月 10 — 11 日), 静岡大学・浜松 “固体壁の影響を受ける接線方向吹出し円柱周りの流動特性”
荒川洋介, 渡邊恭平, 岡安晋平, 佐藤光太郎, 社河内敏彦